Crecer FA(クレセールフットボールアカデミー)

岡山県瀬戸内市で活動しているスペインメソッドサッカースクール

原理原則

ビルドアップの基本的な3つの形「Salida de balón(サリーダ デ バロン)」

今回の記事では、基本的なビルドアップの形を紹介していきたいと思います。 日本の言うビルドアップは、サリーダデバロンとフエゴディレクトを混ぜて、ディフェンスラインからの攻撃という捉え方だと感じています。 差別化していうと、今回のビルドアップは…

2場面4局面13のプレーシチュエーション

2場面4局面13のプレーシチュエーション 2場面 4局面 攻撃 守備 13のプレーシチュエーション 組織攻撃 ポジティブトランジション 組織守備 ネガティブトランジション 13のプレーシチュエーション概要 4つの組織攻撃 サリーダ デ バロン プログレシオン フィ…

育成年代の違い チームとしてのアンプリトゥとプロフンディダ

日本とスペインの育成年代の違いで、苦労するのはチームのアンプリトゥとプロフンディダです。息子が個人戦術を使おうとしても使えない状況だったのです。 いつも言いますがどちらが良いとか悪いとかではないですが、 これは、本当に大きな差があります。 何…

育成年代の違い デスマルケの使い方の違い

前回書いた息子の個人戦術アクションのアンプリトゥとプロフンディダでのサポートの立ち位置の優先順位の違いを書いていきましたが、今回はデスマルケ(マークを外す)という行動のスペインと日本の認識の違いを書いていきます。

育成年代の違い 息子がスペインから帰国して苦しむ優先順位の違い

スペインから帰国し、息子は日本のチームで活動しています。将来的には、スペインでやりたいという希望は変わらずあります。 今回は、日本とスペインでのサポートの優先順位の差に苦戦したことを書いていきます。

前進、継続のデスマルケ

デスマルケは、時間とスペースがないときに使うと書きました。 crecerfa.hatenablog.jp それでは、今回は、そのデスマルケのうち前進のデスマルケと継続のデスマルケについて書いていこうと思います。 日本では、とかくマークを外すということを意識して、動…

デスマルケとは

デスマルケ:マークを外す。 デスマルケは、自身の時間とスペースがないときに行うものです。 時間というのは、数的優位であれば、敵のアプローチ距離が延びるのでボールを受ける時間があります。 数的同数であればマンマークとなり、数的不利であれば、より…

サポート(緊急時と三人目)

前回の攻撃のアクション(アンプリトゥ、プロフンディダ)で 前進のサポートと継続のサポートの判断基準を使ったアンプリトゥとプロフンディダの取り方を簡単に説明しました。 今回は、緊急時と三人目のサポートについて書いていこうと思います。 まずは、緊…

攻撃のアクション(アンプリトゥとプロフンディダ)

攻撃のアクションは、アンプリトゥ、プロフンディダ、デスマルケ、ペルムータオフェンシーバがありますが、今回は、アンプリトゥとプロフンディダをCrecerFAのサポートの判断基準を使って説明していきます。 アンプリトゥとは 横距離のこと。 個人としての横…

サポートの判断基準

サッカーにおいて重要な4つのサポート 前進のためのサポート 継続のためのサポート 三人目のサポート 緊急時のサポート では、その判断基準は何か? まずは、ボールホルダーに対してマークによるアプローチがあるかどうか。 これにより安定時なのか緊急時な…