Crecer FA(クレセールフットボールアカデミー)

岡山県瀬戸内市で活動しているスペインメソッドサッカースクール

原理原則

トレーニングとプラクティス

本来はトレーニングとプラクティスは分けられています。 違いは何かというと トレーニングは、可逆性で プラクティスは、不可逆性となります。

育成年代の違い チームとしてのアンプリトゥとプロフンディダ

日本とスペインの育成年代の違いで、苦労するのはチームのアンプリトゥとプロフンディダです。息子が個人戦術を使おうとしても使えない状況だったのです。 いつも言いますがどちらが良いとか悪いとかではないですが、 これは、本当に大きな差があります。 何…

育成年代の違い デスマルケの使い方の違い

前回書いた息子の個人戦術アクションのアンプリトゥとプロフンディダでのサポートの立ち位置の優先順位の違いを書いていきましたが、今回はデスマルケ(マークを外す)という行動のスペインと日本の認識の違いを書いていきます。

育成年代の違い 息子がスペインから帰国して苦しむ優先順位の違い

スペインから帰国し、息子は日本のチームで活動しています。将来的には、スペインでやりたいという希望は変わらずあります。 今回は、日本とスペインでのサポートの優先順位の差に苦戦したことを書いていきます。

代表戦の世界トップと日本の違い

世界トップの代表チームと日本の代表チームには、大きな違いがあります。 それは、プレーモデルに由来する個人戦術と集団プレー戦術のレベルです。

クレセールFA基礎知識テスト(個人戦術編)の答え

先日公開したクレセールFA基礎知識テスト(個人戦術編)の答えです。 ボールを持っていない時に行うアクションは、攻守で6つしかありません。 そのアクションを認知すべき箇所にある判断基準をもとに決定していきます。

クレセール基礎知識テスト(個人戦術編を一部公開)

いつもお世話になっております。 今回の休止中にクレセールの選手には、サッカーの構成、チームの構成、個人戦術に関する基礎知識のテストを配布しております。 そのテストの個人戦術に関する基礎知識編の一部を公開します。 このブログを見てくれている方も…

コミュニケーションの原則

否定言葉 日本は、この否定言葉がとても多いです。 例えば、学校の廊下を走っている子供に注意を促すときにどんな言葉をかけますか? おそらく 「走ったらだめだよ」 みたいな言葉を投げかけることが多いと思います。 この否定言葉を意識して直していく必要…

前進、継続のデスマルケ

デスマルケは、時間とスペースがないときに使うと書きました。 crecerfa.hatenablog.jp それでは、今回は、そのデスマルケのうち前進のデスマルケと継続のデスマルケについて書いていこうと思います。 日本では、とかくマークを外すということを意識して、動…

デスマルケとは

デスマルケ:マークを外す。 デスマルケは、自身の時間とスペースがないときに行うものです。 時間というのは、数的優位であれば、敵のアプローチ距離が延びるのでボールを受ける時間があります。 数的同数であればマンマークとなり、数的不利であれば、より…

サポート(緊急時と三人目)

前回の攻撃のアクション(アンプリトゥ、プロフンディダ)で 前進のサポートと継続のサポートの判断基準を使ったアンプリトゥとプロフンディダの取り方を簡単に説明しました。 今回は、緊急時と三人目のサポートについて書いていこうと思います。 まずは、緊…

攻撃のアクション(アンプリトゥとプロフンディダ)

攻撃のアクションは、アンプリトゥ、プロフンディダ、デスマルケ、ペルムータオフェンシーバがありますが、今回は、アンプリトゥとプロフンディダをCrecerFAのサポートの判断基準を使って説明していきます。 アンプリトゥとは 横距離のこと。 個人としての横…

サポートの判断基準

サッカーにおいて重要な4つのサポート 前進のためのサポート 継続のためのサポート 三人目のサポート 緊急時のサポート では、その判断基準は何か? まずは、ボールホルダーに対してマークによるアプローチがあるかどうか。 これにより安定時なのか緊急時な…