Crecer FA(クレセールフットボールアカデミー)

岡山県瀬戸内市で活動しているスペインメソッドサッカースクール

育成年代における全国大会の賛否

僕たち日本人は当たり前のように全国大会があり、それが各カテゴリでの目標となっております。

全国大会出場回数や優勝経験などがチームのステータスとなり、選手の価値を高める1つの要素ともなっています。

 

が、欧州や南米などは、そもそも全国大会がなかったり、全国大会廃止したりして、リーグ戦をメインとし、ホーム&アウェイでプロと同じような日程で試合をこなしています。

カップ戦やトレマも少ないですね。

 

この事実に対して、日本でも全国大会に対して賛否があります。

それについて、私見を書いていきます。

 

育成年代は、サッカーという競技を生涯スポーツとして楽しむ点とプロスポーツとして競技レベル向上を目指す点の2点があります。

育成年代が難しいのは、この2つのファクターが混在していることです。

 

生涯スポーツとしての日本サッカー

サッカーという競技をジュニアからシニアまで生涯に渡って楽しむことを目的としています。

その点で言うと日本サッカーは、大人になるにつれて競技人口がかなり減ります。

合計平均から大体の減少率を添付していますが、4種から1種になると約半数が競技者としての登録をしていないことになります。社会人になると競技人生に終止符を打つのも分かりますが、それよりも問題なのが、育成年代です。

ジュニアユースに上がる時点で約15%の選手がサッカーをやめ、ユースに上がると約42%もの選手が競技としてのサッカーをやめています。

 

日本では、サッカーを競技として続けていく環境がまだ整っていないことと、大学進学をするためにサッカーを純粋に楽しむ時間が少ないこともあります。

そういう文化背景も高校年代でやめていく一因ですが、問題なのは育成年代でサッカーを楽しめていない選手が少なからずいて、そういう選手が多く辞めている現状を感じています。

これは主観ですので、データはないです。

ただ「サッカーはもういいや」とやめた選手を少なからず知っているので、そういう選手もいるということです。

そう考えると生涯スポーツとしての役割は、まだまだ果たせていないと感じてしまいます。

 

 

競技レベル向上のためのサッカー

プロ選手を目指す育成年代の選手も増え、すでに海外でも活躍する選手が多数いますし、競技レベル向上は順調に進んでいると感じています。

特に日本のドリブルメソッドは、海外でも注目をされています。

息子の留学中でも、スペインのチームが日本のドリブルメソッドをオンラインでトレーニングする時間もあったようです(デザイナーさんではないです)。ですので、ドリブルトレーニングなどの強みは、育ってきていると感じています。

トレセンは、晩熟な選手を拾い上げれないなど(エリートはあれど、晩熟って年単位で成長が遅いので)少々問題はあるとはいえ、万能ではないなりにしっかりと機能を果たし、競技レベル向上に寄与していると思います。

 

そのおかげでW杯では、アジア枠拡大したとはいえ、近年では上位での突破が多く、拡大など関係ないほど結果を出し、アジアトップの国に育っています。

 

2つの要素と全国大会を考察

競技レベル向上はまずまずの結果を残す一方で、競技人口が減っていく問題は、どこにあるのか?というのが、今回の書きたいことです。

それのやり玉に挙げられている1つが、全国大会なのです。

 

 

全国大会に向けて勝利至上になりすぎて、子供が無理をしてしまう。燃え尽きてしまう。勝ちたいがために補欠をつくってしまう。リスクを回避したサッカーになりやすい。

 

といった意見が多いようです。

 

選手にとっては、一つの形式的な目標ともなりますし、あっても構わないとは思いますが、僕としては、全国大会はそこまで必要は感じません。

 

あってもなくてもどちらでもいいと思っています。

 

ですが、全国大会が選手の育成を妨げたり、補欠を生んでいたり、一部の選手にサッカーを面白くないものにしている。とは微塵も思いません。

そうさせているのは、チームであり、その指導者だと思いますので。

僕は、選手の長期的な目標基準が、どこまで成長したいか?ということだと思っていますので、その選手自身の成長計画の手助けをしていきたいのです。

だから、全国大会があってもなくても良いのです。もちろん全国大会があれば、全国のレベルに自身が今どのくらいの位置にいるのかという判断基準にもなりますし、あっても良いとは思いますが、それでもその全国大会の尺度は、本当に合っているのかというのは疑問に思うものがあります。

その話は、別記事で書こうと思っています。

 

話がそれましたが、

全国大会でも日ごろの練習で積んできたもので勝負すればいいと思いますし、登録メンバー全員出して勝利を目指せばいいと思います。

それができないのは、チームのプレーモデルが構築できない指導者が、チームが上手くいかない理由を選手のせいにして、ポテンシャルの高い選手に頼る指導者が多いからだと思います。

 

全国大会だろうが、全員出場して、自分たちが練習したことをチームで挑戦すれば、補欠問題や、育成問題は、多少なりとも解決できてきます。

そうすると、年代が上がる度に減少する競技人口も少しくらいは歯止めがかかるんではないだろうか。

全国大会出場回数とか全国大会優勝の肩書とかチームの価値を高める一つの要素としてみることもできますが、僕にとってはどうでも良くて、選手がどれだけ成長できたか、どれだけステップアップできたか、どれだけ楽しめたか、どれだけサッカーが好きになったか。の方がチームに価値があると思います。

 

 

 

何故、そう思うのかというと、スペインの育成年代の環境が自分の中で腑に落ちたからです。基本的に育成年代は年間リーグ戦が30試合前後です。その他にも、いくつかの大きなカップ戦があります(そういうのは出ないチームは多いです)。トレマもありますが、少ないです。

 

年間試合数が多いチームでも40~45試合くらいだと思います。

そして、1日に1試合しかしません。アレビンであれば、15分×4ピリオドなので、1週間で試合時間は1時間ですね。7人制で1時間。登録人数は12人で1人1ピリオド以上出場。

 

ですが、選手たちは、その出場時間ですべての力を出し切ります。例えそれが15分であってもです。それくらいインテンシティが高いです。試合によっては、救急車が待機しています。

 

1つのクラブチームで4~8チームくらい編成できるほど在籍選手がいて、リーグもチーム数が充実し、リーグもレベル分けがされている中で、トップリーグを昇格を目指しています。

そして、どの試合も上のリーグにいるチームのスカウトが多数来ていて、良い選手は、上のリーグのチームがスカウトします。

逆に成績の悪い選手やチームに合わない選手は、他のチームに放出されます。

すでにプロと同じですね。

 

ですので、いい選手は上のリーグへ行き、同じレベルの選手と戦いますし、成長が遅い選手やレベルが足りない選手は、下位リーグで同じレベルの選手と試合をします。

 

日本では、育成年代の移籍を嫌う方が多いですが、育成の場として考えると選手にあった環境に移籍できることは、その選手にとってもその国単位で考えても大きな利益となります。

選手を囲い込むことが、本当に良いことかどうか考えるべきだと思います。

選手の成長を考えると、弱小チームのエースとして突出した状態にいるのは、もったいないと思います。そのチームからするとエースが抜けるのはものすごく痛いですが、その選手が抜けることによってチームの選手レベルが均一化しますので、その同じレベルの選手で成長していくことが環境的には望ましいのではないかと考えます。

 

そうすると、人気チームに良い選手が集まり、人気がないチームは人が集まらなくなって潰れるじゃないかと言われますが、消費者に必要とされる努力や工夫をすれば潰れることはなくなりますし、指導者にも成長が必要だと思います。

それぞれのチームが、それぞれの良さを持ち、色んなレベルの環境ができ、選手の成長を主題とすれば、その試合の場がリーグ戦であっても全国大会であっても、どちらでも良いと思います。

 

選手が憧れるチームや環境、

ステップアップするためのチームや環境、

サッカーを楽しみ、サッカーをもっとやりたいと思わせるチームや環境。

日本でもこうした試合の充実と選手レベルに合わせた環境ができると良いなと思います。ただ試合数が多すぎるのは、良くないと思いますけどね。

全国大会であろうとリーグ戦であろうと、主題が勝ち負けではなく、選手が成長を実感できる場になることを願っています。選手全員が成長した結果、勝利できる喜びチームの財産だと思います。