Crecer FA(クレセールフットボールアカデミー)

岡山県瀬戸内市で活動しているスペインメソッドサッカースクール

息子 クラブアカデミーの紅白戦に参加

土曜日は、JFLクラブアカデミーの紅白戦に参加してきました。

 

◆紅白戦概要 ◆

30分×3本

1本目右サイド

JFLチーム(+練習参加性4人+息子) 対 JFLチーム(+練習参加性5人)

 

2本目左サイド

JFLチーム 対 JFLチーム(+練習参加性4人+息子)

 

3本目右サイド

JFLチーム(+息子) 対 JFLチーム(+練習参加性5人)

 

 

 

紅白戦1本目

1本目は、ほとんどボールが入らなかったですね。こぼれ球などを拾ってのプレーが多かったです。

立ち位置や動き出しなどは、悪いようには見えなかったので、そのうち来るかーと思っていましたが、こなかったです(笑)そもそも右サイドの立ち位置がクラブで決まっていて、息子の立ち位置が違ったのかもしれないですが。

ただその中でも個人戦術や集団プレー戦術で色々と試行錯誤していました。

特に何度か試みていたのは自分からサリーダデソナして、JFLクラブ選手のサイドバックを上げるのは、タイミングを見て、声出したりジェスチャーで伝えたりしていました。

こんな感じで動かすタイミングも良かったです。

この時のチームの右ISHも練習参加選手でしたが、立ち位置がかなりボールによっていて、有効ではなかったので、そこを使わせてもらった感じですね。

そして右のCBも練習参加選手でしたが、右にボールを入れるのが遅いのと右を見ていないことが多く、ラインを超えている息子やサイドバックにボールを出すことができず、停滞していましたね。

そんな感じで、厳しい1本目が終了。

一つ希望があるとすれば、息子の右サイド側で監督やオーナーさんが見ていたので、息子がボールを持っていないときに色々とやっているのを見てくれている可能性がある事くらいですね。

 

紅白戦2本目

2本目は、左サイドで出場。1本目とは打って変わってパススピードの速いボールをJFLクラブ選手の左CBと左SBバンバンつけてくれました。左ISHも練習参加選手でしたが、プライベートチームで一緒にやっていたなかだったので、しっかりと息子と連携してくれて、かなりボールに絡んでいました。

ボールを受けてからの選択肢は、多種多様な展開を見せてくれて、左サイドでゲームを作っていたと思います。特に中央への展開は、ボールスピードも良く、相手守備の隙をつける良い位置へ配給していたと思います。全体的にも判断ミスをすることなくボールロストも0。

こんな展開が多かったです。相手の位置を見てしっかりと相手のベクトルとは違う選択肢を判断出来ていたと思います。他にもISHからスルーパスを受けたりもしていましたね。

課題のプレーもきっちりと修正してましたし、レガテからのシュートもあり、かなり良い印象。

2本目修了後にプライベートチームで一緒にやっていた選手と「2本目は、二人とも見せ場を作れたな!」と話していたそうです。

 

紅白戦3本目

ほとんどの練習参加選手は、2本で終了しましたが、息子は3本目も出場。JFL選手のみで構成されたチームの右サイドで出場。

・・・この展開は、ジュニア時代のセレクションに良く見た光景。たぶん当落線上にいて、試している感じか・・・?人数合わせか?

 

この3本目は、合否の行く末を決めるものだとは思いましたね。

しかし、1本目同様ボールが入らない(笑)

守備では良い場面を見せましたが。

 

ボールは数本入って、その時のプレーはとても良かったと思います。

中央へのワンツーを仕掛けた時に、壁役の選手が簡単に落とさず、相手のいる方向にボールを置いて前向いて返ってこず、ボールロストされた時は、流石の息子も「ちょん。落とせ。ちょん!・・・・マジかぁ」と、大きなため息と共に呟きが出ていました´д` ;

ラインを崩すために継続へ落ちた後、ボールを受けた時に相手のサイドバックのアプローチをレガテし、中央へスペラール。

右ISHに当てて落とし貰い中央へさらに侵入としたけど、何故かそこで右ISHが前向いてボールを取られていました。

「完全に勝った状態作ったのにあそこで前向いて取られるって判断やばない?」

と流石にそこだけは愚痴っていました。

ただその他のプレーは可もなく不可もないプレーでした。チームは、オーガナイズされた立ち位置でしたが、バランスよく配置されていて、サリーダデソナするスペースが右サイドに無かったので、ほとんどプロフンディダの調整くらいでしたね。

 

練習参加が終わって

うーん。

3本目も個人戦術部分では良いアクションだったと思いますが、やはりボールを持った回数は、やや少なかったので、評価されるのか難しいところかと。

練習参加したJFLクラブはとても良くオーガナイズされたチームでした。雰囲気も良い感じで、選手同士のコミュニケーションも言語化されたものでしたし、プラスな働きかけをしていました。息子自身も楽しかったようです。

第1希望はJ下部ではありますが、息子の目的と目標を叶える環境でもあります。内定もらいたいなーという気持ちも無きにしも非ず。

 

 

crecerfa.hatenablog.jp

crecerfa.hatenablog.jp

crecerfa.hatenablog.jp